★専門学校で勉強しながら大卒資格を取得できるって知っていましたか?★

専門学校か大学への進学かで迷った場合に、将来を考えて大卒資格を得るために大学を選ぶ人がいますが、専門学校へ進学しても大卒資格を取得できるって知っていましたか?もちろん専門学校にもよりますが、提携している大学の通信課程を受講することで専門学校に通いながら、大学の単位を取得して大卒資格を得ることが可能です。つまり、専門学校卒業時には専門士と学士号の二つの卒業資格を得られることになります。専門学校の大卒取得課程に進むことで、専門学校の実践的スキルと大学での高等知識を得ることが可能で、就活でもアピールできます。特に大卒資格を取得するメリットとしては、大卒程度の受験資格が必要な国家資格にチャレンジできるということです。たとえば、国家公務員試験の場合、普通の専門課程に進学すれば高卒程度の職種しか受験できませんが、大卒取得コースに進学することで大卒程度の試験にも応募することが可能です。国家資格の対策は専門学校のほうがしっかりと対策・準備を行っているため、合格実績も大学を圧倒しています。したがって、国家資格を目指す人には専門学校の大卒取得コースに進学して、資格取得を目指すほうが可能性は高まります。さらに、よく大学に通いながら資格予備校などに通って、ダブルスクールで勉強している人もいますが、別々の学校に授業料が発生してしまうので高額になってしまいます。いっぽう、大卒取得コースであれば学費が1校だけで済むのでより経済的です。高い就職実績、国家試験合格実績のある専門学校に通いながら大学卒業資格も取得した人は、まずは該当コースが設置している学校をインターネットで探してみましょう。

★医学部再受験を目指すなら、まずは経験者が書いたブログで情報収集しよう!!★

医学部再受験が近年増加傾向にあります。これは、リーマンショック以降の不安定な経済社会のもと、より安定して高収入が期待できる医師へ魅力を感じている社会人が増えたからです。さらに、就職難に伴い、一度諦めて他学部へ進学した大学生が再び医学部受験を目指す傾向にあります。近年は、医学部定員も増加傾向にあると同時に私立の医学部でも授業料を値下げ始めた大学がたくさんあるため、昔よりも目指しやすくなりました。しかし、医学部受験生自体が増加傾向にあるため、まだまだ再受験生にとっては非常に難しい試験となっています。さらに、医学部再受験生には年齢差別というハードルもあります。2chやブログなどで年齢に寛容な大学をランク付けされて紹介されており、志望校を選ぶ際には注意が必要になってきます。したがって、医学部再受験を決意する際は、事前にブログなどで情報を収集してみると良いでしょう。医学部再受験に関するブログはたくさんあり、なかには合格を勝ち取っている人もいますが、多くは途中で更新が終わっていたり、リタイアしたりしている人となっています。再受験がどれだけ困難な道のりなのか、自分には目指せそうか、実体験を綴ったブログから確認すると良いでしょう。そして、再受験を目指す場合は独学や宅浪よりも、医学部予備校へ通うことをおすすめします。基礎から丁寧に指導してもらえるし、医学部合格までの学習プランを計画的に立ててくれて効率良く勉強することが可能です。予備校によっては、再受験生用のコースを設置している学校もあるため、資料請求や無料相談会など積極的に参加してみましょう。

医学部再受験 ブログはコチラ

URL:xn--36qt4bon05v4y3eorl.net

★医学部予備校の春期講習を受講してライバルと差をつけろ!4月時点で一歩先へ!!★

医学部予備校もこの時期になると新たな生徒を募集するために、広告やセミナー、無料体験授業など様々な企画を各校が競い合って打ち出しています。まずは、自分で各校を比較しながら学習に専念できる学校を探し出しましょう。その際は医学部予備校の比較ランキングサイトを利用すると各予備校の評判や学費などさまざまな情報を入手することができるのでとても便利です。そして、医学部合格を最短で目指すのであれば4月入塾に合わせて準備するのではなく、少しでも早く春期講習から予備校に通うことをおすすめします。

高卒生などにとって3月は、受験が終わったばかりで羽を伸ばしたくなる気持ちも分かりますが、合格ができなかった悔しい気持ちが高い今こそ、来年度の医学部合格に向けて動き出すことが重要です。春期講習は一週間程度の短期間の講座なので、学費もそこまで高くはありません。したがって、医学部予備校選びに迷っている受験生は春期講習を受講して最終的に通うか否かを判断すると良いでしょう。また、春期講習を受講することで4月から入塾してくるライバルたちに一歩リードした状態で勉強を進められるため、より医学部合格の可能性が高くなります。さらに、進学塾ビッグバンなど春期講習後に本科生として入学した場合は、春期講習の学費の半分に相当する額が返金されるなどの嬉しい特典もあります。来年の医学部受験はすでに始まっているので、少しでも時間を無駄にしないためにも早くから受験勉強を始めて来年には医学部合格を勝ち取りましょう。